So-net無料ブログ作成
FAVORITE THINGS ブログトップ

スラムダンクの話 [FAVORITE THINGS]

さとなおさんのゼミに通っている。
ゼミ、といっても隔週全5回の小さなもの。コミュニケーションデザインについての話。

スラムダンク1億冊ありがとう、って全国5紙に全面広告載って、『あれから10日後』があった。
あの全部を仕掛けたひと。でも全然知らなかった。ゼミ行くことになってから著書「明日の広告」を読んで、初めて知った。


スラムダンク。
大好きなのに、1億冊ありがとうの新聞広告もリアルタイムでは知らなかった。もちろんWebサイトも見なかったから、三崎高校に行くこともなかった。雑誌SWITCHの発売後にやっと知って、ものすごく焦って本屋さんを回ったことを覚えてる。

作者、井上雄彦さんが1億冊の感謝を伝えたい、っていう話がきっかけ。
それをどう伝えるか、をさとなおさんはじめ9人のスタッフさんがみんなで考えたこと。

伝えたいひと、は『スラムダンク』のファンで、雄彦(ってもう言っちゃうけど)の心からの感謝を伝える、というミッション。ふつうの広告と異なるのは、伝えたいひと、がはっきりとわかっていること。

もともと、それを好きなひと、だから簡単そうに思える。
だけど、ひとりひとりの中にそれぞれの『スラムダンク』がある。
生半可な伝え方では、上滑りして雄彦の気持ちが伝わらないかもしれない。

どうすれば心からの感謝を伝えられるのか。
雄彦も含め、スタッフさんとぎゅうぎゅう考えた結果が、新聞広告とWebサイト、三崎高校での黒板マンガだった。



お話聞いてて、うかつにも泣きそうになった。
新聞広告に載った井上雄彦の彼らを見たとき、ただひたすら嬉しかった。
2度と会えない、と思ってた。ありがとう、は私から言うことだ。

三崎高校での映像も見せてもらった。

黒板に描かれた「あれから10日後」
最後まで悩んだ、っておっしゃっておられた「黒板に手を触れないでください」の注意書き。

立て看板みたいのは絶対に合わないし、誰かに見張らせるのもどうかと思う。
結局、何もせずただ黒板に描かれたまま、イベントは開催された。


黒板に向かって携帯電話のカメラを向けるひとはたくさんいた。
目を潤ませるひともいたし、嬉しそうに笑うひともたくさんいた。
だけど、黒板に近づくひとはいなくて、いたずらしようとするひとも全くいなかった。



新聞広告には、『スラムダンク』の文字はない。
湘北のスタメン5人と木暮くん。井上雄彦の名前とWebサイトのURL。
わかるひとにだけ伝わればいい。

結果、三崎高校に来たのは『スラムダンク』を大好きなひとたち。
雄彦の気持ちが伝わる。黒板は宝物。



「全巻を2回買いました」
「井上さんの写真を部屋に貼ってます。いつも見てます。男の僕が見ても嬉しくないと思うけど、僕は井上さんに見られてていつも嬉しい」
「バスケが大好きになりました!」
「アタマの中に全部入ってます」

ああ、どあほうばかり。

セリフをソラで言える。そのセリフをいつどこで誰が言うのか脳内で簡単に再生できる。
大好きなシーンがある。忘れられない言葉がある。

私も、どあほうだ。



-----

でもあのとき。
私の身近には、そこまでのどあほうはいなくて、新聞広告もWebサイトも見逃した。
仮に目にできたとしても、「あれから10日後」に行くチャンスがあったとしても。

私は三崎高校に行かなかったかもしれない。


いっしょに喜ぶひとがいなかったから。
その場に行けばまた何か違っていたかもしれないけど。



今はいる。
同じものを好きなひとがいる、って幸せなことだ。

いっしょだと嬉しさも倍々ゲーム。
つらいことも…乗り越えていける気がする。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

やっぱり赤が好き [FAVORITE THINGS]

 というコピーを、以前使っていたblogのサブタイトルにするぐらい何だか赤が好きなワタクシです、こんばんは。

 でも、子どものころは特に好きな色じゃなかったです。というかどっちかいえば苦手な感じ。“女子は赤いランドセル”って決まってたぶん、“赤=女子”な押しつけがちょっと…。
 ぬりえもしたし、きせかえ人形もしたし、リカちゃんだって好きだったし、少女マンガをドキドキしながら立ち読んだり(←買えよ)するぐらい、まあまあ女子だったわけですよ、今はリッパにおっちゃんだけど(照)

 中学時代は、ワケもわからず雑誌をミヨウミマネのブッサイクな格好とかしたりして。当時の写真は恥ずかしくて見られないわ、と今でも思うティーンズです。
 高校時代は、そりゃあもうモード系全開バリバリのモノクロ族。ジーンズしか履かないような今となっては、あの頃の方がよっぽど“カッチリ”感のある服装をしていたものですわ(遠い目)

 いつからか“ハヤリモノ”を追いかけなくなり、ベーシック・ボトムにガラシャツという、全くもっていつの時代なんですか?なワタクシ。最もよく行くお店が古着を扱うブックオフだったなんて口が裂けても言えない(←言ってる)。
 そんなこんなで、どこからともなく赤が好きになっていったワタクシ。クルマも赤いし、オートバイも赤かったのは、つい最近までのハナシ。そしてやっぱり赤が好き、なのは、一部では“新ルパン”と呼ばれる、赤いジャケットのルパン三世なのです

続きを読む


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

映画のススメ 『スライディング・ドア』 [FAVORITE THINGS]

 映画はわりと好きだが、最近はあまり観ない。映画館に行くこともほとんどないし、レンタルビデオ屋の会員カードもない。以前は何枚か財布の中に入っていたけれど、1年後の更新をことごとくすっぽかし、次々と切れては姿を消していった。
 借りに行くのは楽しいのだが、返しに行くのが面倒になる。返しに行ったついでにまた借りてくればいい、と言う人もいるだろうが、そんなにも観たい作品が目白押しにあるわけではない。
 1週間で1本400円かそこら。安いと言えなくもないが、その1週間で何度観るか、と言われれば、おおかたの作品は1度観たら終わりだろう。3本借りたら漱石が飛ぶ。そうなると今度は妙に高く感じてしまうのだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『さあ、いこーか』 [FAVORITE THINGS]

 好きなものが多い。
 基本的に、1度好きになったら“嫌い”にまでなることはない。少しずつ増えていきながら、愛が分散しつつ、蓄積されていく。
 増えていく対象に、ほんのりと薄れてしまうときもあるけれど、自分の中からなくなることはない。火種は常にあり、ほんの少しのきっかけで再燃する。

 マンガをひたすら読みたい時期があり、活字しか受け付けない時もある。生モノにユメウツツの時もあれば、憧れが紙の上にしか現れないこともある。
 どあほうでも、ヘンタイでも。そうなのだからしかたない。スッキリキッパリ、そういう自分を認めているし、連れにも宣言する。友人にも言う。―「今はダレソレに夢中です」




 * この先はキケンかもしれません。引き返すなら今です。
 ** ヘンタイのイキっぷりに、たぶんにひかれると思われます。
 *** さらに長いし。ヲタの戯言、タダレタ妄想含み(?)
 ** そんなでも“ダイジョーブ!”なら、ぜひ読んでくださいまし。
 * 愛は熱いモノ(?!) 寒い夜に温かな想いを―(カッコつけすぎ)

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
FAVORITE THINGS ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。